オリゴ糖

オリゴ糖 食品

オリゴ糖は食品です。オリゴ糖は糖類の1つです。ただ、紅茶などの飲み物に溶かして飲むことが多いのでオリゴ糖は飲み物と思われる方が多いですが、オリゴ糖は食品です。

オリゴ糖に合う食品とはどのようなものでしょうか?

まずは、ヨーグルトがあげられます。オリゴ糖とヨーグルトはとても相性がいいのです。

その他にもオリゴ糖と合う食品は、ご飯なども意外ですが使うことができます。ご飯をたくときに、少量だけオリゴ糖を混ぜてたくと、ご飯がほのかに甘みがあるものになります。これは、オリゴ糖に甘みがあるからです。あまり大量のオリゴ糖を入れてご飯を炊くと、ご飯が甘すぎるようになってしまうので、ご飯に入れるときには、少量だけのオリゴ糖にしてください。

オリゴ糖に合う食品は朝食のヨーグルトが一番いいので、是非試してみてください。

 

オリゴ糖はお腹の環境を整えたい方にはとてもうれしい糖分です。

色んな野菜の本などを見ていると、実は、野菜にもオリゴ糖が含まれていました。 例えば、キャベツや玉ねぎ、アスパラやバナナ。 他には、しょうゆや味噌、牛乳などにも含まれています。

しかし、この食品の中に含まれているオリゴ糖の量は少なく、これらの食品から抽出できるオリゴ糖の食品を食べるのが一番便利です。

「カイテキオリゴ」はとても細かい粒子なので、コーヒーや紅茶、ヨーグルトに素早くとけてくれます。

では、オリゴ糖はなぜ体に良いのか??というと、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになってくれます。 よく、ヨーグルトにビフィズス菌と書いてあるのを見ます。 どんなにビフィズス菌を摂取しても、体内にオリゴ糖が存在していないと菌が増えないという事です。

いつか、聞いたことがある話ですが、実は母乳にもオリゴ糖が含まれているそうです。 ということは、それを飲んでいる赤ちゃんは母乳を飲む事で自然と栄養を取り入れる事ができています。 赤ちゃんを病気から守るために自然とそういった機能が兼ね備わっている事に驚きました。


オリゴ糖を摂取する為には、サプリメントやシロップを購入しなければいけないと考えている方もいるかもしれません。

実は私もそうでした(笑)

何となく自然には摂取出来ない特別なものというイメージがあったんですよね。

でも意外や意外、オリゴ糖は私達の身近な食品にも結構含まれていたりするんです。

例えばタマネギ、キャベツ、ごぼう、ジャガイモ、にんにくなどのお野菜。
豆腐、納豆、みそやしょうゆなどの大豆製品。
あとはバナナや牛乳なんかにも含まれています。
食卓によく並んでいる、とても身近な食品ばかりですよね。

ただ、こうした食品から摂取出来る量というのは少々少ないという噂も…。

なので効率的に摂取したい場合には、上記に挙げた食品群から自然に摂取する方法と、製品化されたオリゴ糖から摂取する方法を同時に行なうのがベストかもしれません。

粉末状になっていたりシロップになっていると使いやすいですからね。

バランスよく色々な方法で摂取すると健康的にも良い気がします!


オリゴ糖 とはオリゴ糖 カロリーオリゴ糖 ヨーグルトオリゴ糖 食品